オートアドバイザーM1

 

代表挨拶

当店HPにアクセス頂き誠にありがとうございます。当店はインターネット販売、サーキット活動を中心に勢力的に活動しています。商品在庫も豊富に揃えております。是非一度お立ち寄りください。各種新車・中古車・パーツなど在庫はもちろん、ジャンルにとらわれない販売を展開していきたいと思っております。不慣れな事も多いですがスタッフ一同頑張って参りますので宜しくお願い申し上げます。
HOME»  テクニカルアドバイス»  ◆テクニカルアドバイス◆

◆テクニカルチップ◆

其の1 ■ゴム製品の劣化に注意!■

カートのフレームにはいろんな場所にゴム製品が使用されています。マメにチェックをしておかないと劣化して破損したりするので注意して下さい。ここでは一部の例を使って劣化を防ぐ簡単な方法を写真つきで説明していきたいと思います。

例)ホイールのビードストッパーなど

・最近のホイールには接触時にタイヤの耳が落ちてしまうのを防ぐためにビードストッパーが付属しています。ほぼ全てのビードストッパーにはゴム製のOリングがついています。かなり小さいものなのでひび割れのチェックなどを怠ることもしばしば。走行せずに保管している際にビードストッパーを締めたままにしておくとその間にもゴムに負担がかかり、徐々にひび割れしてしまいます。ひび割れが激しくなると確実にエア漏れの原因となりますので、走行終了、保管の際は必ずビードストッパーをゆるめておくことをお勧めします。また水冷エンジンに使用されるウォーターポンプベルトも同じです。これは走行中に切れると大変ですので注意して下さい。(交換はリヤシャフトを抜かないといけないので予めスペアを2~4本ほど余分に付けておくとよいでしょう。使用しない場合はシャフトに括りつけておけばOK)以上のようにちょっとした気配りでトラブルを改善、防ぐことができます。参考にしてみて下さい。

其の2 PRDワルボロキャブレターの推奨取り付け方法■

低価格でお買得でまだまだ根強い人気のPRDエンジンですが、中には始動性が悪い、かぶり易いなどの不満も聞かれます。しかし、取り付け方法やニードル開度さえマメにチェックしておけば大幅にリスクを防ぐことが出来ます。今回は取り付け方法について説明していきます。

■大体のユーザーはニードルが向かって外側に付くように取り付けていますが、これをあえて逆に内側になるように取り付けてみて下さい。

■こうすることによりエンジン始動性向上と走行中のアクセルオンに対してエンジンがスムースに反応するようになる事が確認できました。向きを変える事によりガソリンが上から落ちる、負圧ホースを短くすることができるという利点が考えられます。メーカーさんもこの方法を推奨しています。

■推奨プラグはかぶりにくいと定評のあるNGK 4118S-9あたりを推奨します。オイルはEXCED RSK Evolutionがよいでしょう。キャブレター開度はLowが1:30(掛かりが悪ければ1:15くらいでスタートしてアクセルONと同時に30まで開ける)Hiが15分ほどがよいです。Tロングニードルは必須です。ストレーナー取り付け方法と合わせてセッティングすれば大幅な改善が期待できます。お悩みの方是非お試しを!

其の3 ■フロアパネルボルトの推奨取り付け方法■

6つ(車種による)のボルトで固定されているフロアパネルですが、路面のバンピーなコースや縁石の高いコーナーなどを通過するとどうしても底面を擦ってしまい、ボルトが曲がったり、ネジ山が潰れて外せなくなったりするというトラブルが起こってしまいます。特に中古で購入したカートによく見られるケースです。
そんなトラブルもちょっとした工夫で改善、防ぐことができます。ここではその裏ワザを公開します。

1…当店出品中のフロアパネルリペアキットのみ!

2…付いているボルトを全部外します。汚れが溜まっているので掃除してしてやるとよいでしょう。

3…皿ネジに付いている皿ワッシャーを外し、用意したキットを取り付けます。

4…写真のように底面から取り付けます。こうすることによって底面がきれいにフラットになるので簡単かつ確実にトラブルを防ぐことが出来ます。新車組立の場合でもこの方法で取り付けることをお勧めします。

其の4 ■フューエルフィルター推奨取り付け方法■

キャブレターに細かいゴミなどが侵入するのを防いでくれる便利なフューエルフィルターですが、独特の形状をしているのでどのように固定すればいいか分からないユーザーの方も多いはず。ここでは簡単かつ確実に固定できる方法を紹介します。

1…準備するものは余った燃料ホースと結束バンド2本(長めがよい)でOK。

2…まずホースをフィルターを通常通りに配線します。固定場所が決まったら余ったホースを1cm(KE BIGフィルター、TONYフィルターなど大型の場合は1.5~2cm)カットします。これを2つ作ります。

3…そして写真のようにフレーム部分とフィルターのジョイント部分にカットした燃料ホースをかまして中にバンドを通し、巻きつけて固定します。締めすぎるとフィルター破損の原因にもなりますのでご注意を!

4…バンドをカットして完成!取り付け場所ですが、横向きに取り付けるとエアが溜まり、振動でエアがキャブに行ってしまいニードルが合わせにくいのはもちろん、エンジンの不調の原因にもなりますので、フレームの燃料タンクを取り付けている部分のやや下側を推奨します。

    

其の5 ■ブレーキフォークピンの意外な使い道1■

・ブレーキロッドの固定などに使用されるフォークピンですが、その形状を利用して様々なパーツを固定できるんです。一例ですが店長YOUのフレームで使用しているインテークサイレンサーですがゴムの部分がゆるいのかよく回ってしまうので走行時にはテープでシートに固定していましたが写真のようにワッシャーや短いステーを使いフォークピンで固定するという方法を発見しました。(というかヨーロッパのチームがしていた。笑)頭使ってみるもんですね。